第1回ハンセン病問題の全面解決に向けた研究集会 開催報告 (作成中)

第1回ハンセン病問題の全面解決に向けた研究集会を下記要項で開催いたしました。

内容につきましては、追ってご報告いたします。

 

1回ハンセン病問題の全面解決に向けた研究集会

 

日 時:20181020()13時~16時30分

場 所:岡山弁護士会館大会議室

700-0807

    岡山県岡山市北区南方1-8-29

電話 086-223-4401

 

【岡山弁護士会館までのアクセス】

JR岡山駅東口から約1.5

岡山駅バスターミナルから

・岡電バス(13番のりば)「妙善寺」「三野公園」

「岡山理科大学東門」行きで「番町口」下車

     ・宇野バス(12番のりば)美作線「山陽団地」

「ネオポリス東6丁目」行きで「番町口」下車

 

内 容:第1部 13時~14時 グループ、PTに分かれて研究会

2 1430分~16時30分 シンポジウム

趣 旨:最高裁判所が、20164月に公表した、ハンセン病「特別法廷」に関する調査報

 告書を分析し、その問題点を明らかにすることを通して、改めてハンセン病問題

 にける法曹としての責任を問うとともに、偏見・差別の解消のために、残さ

 れた課題を明らかにする。

 ◇テーマ  最高裁「特別法廷」調査報告書を検証する

 ◇ シンポジスト

    内田博文九州大学法学部名誉教授/ハンセン病市民学会共同代表)

  徳永達哉(熊本大学法学部准教授)

  石田法子(大阪弁護士会有識者委員)

     コーディネーター

       徳田靖之(大分弁護士会/ハンセン病市民学会共同代表)

 

 

 

主 催 ハンセン病市民学会

共 催 岡山弁護士会 ※第二部のシンポジウム

 

問い合わせ 本HP問い合わせフォームからお問合わせください。

参加申し込みは、下の申し込みフォームよりお願いいたします。

各PT・グループの取り組み課題につきましては、2018年度活動方針別掲分をご参照ください。

研究集会参加申し込み

研究集会参加を希望される方は、次のフォームに必要事項をご記入の上、送信ボタンにてお送りください。

メモ: * は入力必須項目です